サモーナスポーツ整骨院ヘッダー
江東区大島のサモーナスポーツ整骨院スマホヘッダー
江東区大島のサモーナ整骨院でも交通事故治療は受けられます

HOME | 交通事故治療 | 物損事故だと治療が受けられない?

物損事故の取扱いには注意が必要?

 
物損事故の取扱いには注意が必要

交通事故に遭った場合、人身事故としてではなく「物損事故」として扱われることで、治療が受けられなくなることがあるのをご存知でしょうか。
 
物損事故になると加害者側にとってはメリットが大きくなるのですが、被害者にとっては不利になることが多くなります。
 
交通事故に遭ったばかりの時は気が動転していたりしていて、よく分からずに加害者側に言われるがままに手続きなどを進めてしまうと面倒な事態になりかねないので注意が必要です。
 

物損事故とは?

 
物損事故とは

物損事故とは物損のみが壊れたりした場合のことで、車がお店やガードレール、民家などにぶつかって、車やぶつかった建物が壊れてしまった様な場合のことをいいます。
 

人身事故とは?

 
人身事故とは

人身事故は交通事故が起きた時、被害者が怪我をしてしまっていたり、死亡した場合の事故を指します。
 

加害者側の心情としては物損にしてもらいたい

 
加害者は物損事故にしたい

交通事故が起きた時に物損事故の扱いにしたがる加害者もいます。
 
なぜそうしたがるのかというと、加害者側にいくつかメリットがあるからです。
 
そのメリットですが、人身事故になると免許の点数が加算されますが、物損の事故として取扱いすれば加害者の免許の点数が加算されずに済みます。
 
これ以外のメリットですが、加害者が刑事罰を受けずに済みますし、加害者の支払う賠償金の金額がとても安くなり慰謝料も発生せず、後遺障害が残ることも死亡することもありませんので、「逸失利益も発生することなく車の修理代だけ出せば済む」という風になることがほとんどです。
 

被害者様の不利益とは?

 
被害者の不利益とは

もし、人身事故でないようにしてしまった場合は、治療費も出してもらえず、事故後に後遺障害が残ってしまっても慰謝料も支払ってもらえなくなります。
 
被害者は自己負担で治療を続けなければいけないだけでなく、後遺障害があったとしても泣き寝入りしなければならず、自賠責保険から支払いを受けることも出来ません。
 
そのため、複雑な問題に発展しそうな場合は法律の専門家である弁護士に交通事故の損害賠償について詳しく聞いてみることをお勧めします。
 

サモーナスポーツ整骨院では自賠責保険による治療が可能

 
サモーナスポーツ整骨院では自賠責保険による治療が可能

人身事故として取扱い出来れば、整骨院などで自賠責保険や任意保険が適用となり0円で治療を受けることが可能です。
 
そのような治療をする場合、江東区のサモーナスポーツ整骨院がお勧めです。
 
当院では交通事故に関するお悩みを無料で相談することが出来るのが魅力です。
 
交通事故後はなるべく早く治療を始めることが大切です。
 
相談や予約は電話で受付けておりますので、交通事故後の痛みなどでお悩みの方はお早めのご連絡をお待ちしております。

フッター
  • 監修者情報
監修者阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師・整体師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。