サモーナスポーツ整骨院ヘッダー
江東区大島のサモーナスポーツ整骨院スマホヘッダー
江東区大島のサモーナ整骨院でも交通事故治療は受けられます

労災とはどんなもの?

  • 会社は労災保険や雇用保険に加入する義務がある

労災とは労働災害の略称で、会社には労働中に生じた従業員の怪我、病気を補償するために、労災保険や雇用保険の加入義務があります。
 
重たい罰則は設けられていませんが、労災保険に加入しないと保険が適用されないので、勤め先の加入状況を把握しておくことが大切です。
 

  • 労災の場合、健康保険の取り扱いはできない

労災保険と健康保険は排他的な関係なので、労災と認定されるケースでは健康保険が使えないです。
 
もし労災時に健康保険を使ってしまうと、労災保険は適用されないので要注意です。
 
ただし、間違って健康保険を使った早い段階なら、医療機関に相談して切り替えてもらえる可能性はあります。
 

  • 業務中の怪我は労災対象

業務中の労働災害を補償するための制度なので、仕事での作業中の事故や病気は、勿論労災対象となっています。
 
機械作業で指を怪我したり、重い荷物を運んで腰を痛めたなど、労災の対象となるケースは数多くあります。
 

労災保険の治療は整骨院でもできる?

労災保険を取り扱っている整骨院なら、労災で治療費の補償を受けて治療が行えます。
 
保険が使えると治療費の負担が軽くなるので、長引く治療の場合でも安心です。
 

  • 通勤途中の怪我も労災が適用される

労災は通勤途中にも適用されるので、転んだり事故にあって怪我をした場合も、保険の対象として労災補償が受けられます。
 
業務中に限られるというのは労災のよくある誤解で、実際は自宅から会社に到着するまでの間も対象です。
 

  • 整骨院では労災による怪我の治療が受けられる
まず労災指定を受けている医療機関かどうかを確認しましょう。
整骨院で労災による怪我治療を受けるには、労災指定を受けていることが肝心です。

医療機関が労災保険を扱う条件として、労災指定という決まりがあるので、まずはこれを確認することが重要です。
 
労災指定のない医療機関だと、労災保険の取り扱いはできませんから、治療を受ける前にチェックする必要があります。
 
確認方法はインターネットの公式ホームページであったり、直接電話で問い合わせることもできます。
 

  • 交通事故も業務中だと労災適用をする場合も

営業などの外出時の交通事故も、業務中に起こったことなら、労災適用される場合があります。
 
外出中の事故は、一見すると会社の安全管理とは関係なく思われますが、集中力が低下するような労働をさせていれば関係します。
 
会社には、労働者を守る義務がありますから、労災保険の加入は重要なポイントですし、当然ながら業務中の交通事故も適用の対象となります。
 

  • 労災かくしをする会社に注意

業務中や通勤中に発生した事故、病気などは、会社が労働基準監督署へ報告する義務があります。
 
報告を怠ったり虚偽の報告をすることなどを、一般的に労災かくしという名前で呼んでいます。
 
労災かくしは明確な犯罪ですし、労働者の権利を蔑ろにするものですから、労災かくしを見付けたら気を付けましょう。
 
労災を使うと今後の保険料が上がるので、労災かくしをする会社はそれを嫌って労働災害を有耶無耶にする傾向です。
 
他にも手続きを嫌ったり、企業イメージの悪化を恐れて労災かくしをする会社もあります。
労災未加入の発覚を恐れて労災かくしをする、そういった会社も存在するので、労災の申請が拒否されそうになったら要注意です。
 

労災の手続きの流れ

  • 仕事中、通勤途中の怪我は速やかに会社に届け出る(応急処置が必要な場合は先に病院へ)

仕事や通勤の途中で怪我をしたら、直ぐにでも勤め先に届け出て怪我の事実を把握してもらいます。
 
応急処置が必要なほどの深い怪我は、会社に対する連絡よりも病院へ向かう方が先です。
 
連絡を焦る必要はありませんから、まずは状況に応じて冷静な判断を行い、応急処置などで安全を確保してから会社に届け出ましょう。
 

  • ②医療機関への受診し、医師の診断書をもらう

医療機関で受診して、応急処置ではなく本格的な治療を行ったら、医師に診断書を書いてもらいます。
 
怪我の状態や原因が分からなければ、労災の手続きを進めることはできないので、医師の診断書は重要なものです。
 
この時に、指定医療機関を受診すると治療費の負担はありませんが、それ以外の医療機関なら一時的な負担の必要が生じます。
 

  • ③会社に提出を行い、治療費の請求書類をもらう

必要書類を会社に提出したら、治療費に関する請求書類を受け取ります。
 
必要事項を記入して、会社から証明の押印をもらったら、いよいよ治療費を請求するステップに進みます。
 

  • ④治療費の請求書類を医療機関に提出する

治療費の請求書類が揃ったら、治療を受けた医療機関に出向いて提出します。
 
書類の内容に問題がなく、医療機関に手続きの引き継ぎが済めば、後は結果が出るのを待つだけです。
 

  • ⑤労基署が書類を受け取り、審査を行ってから給付金を支給する

医療機関から書類を受け取った労基署は、内容を精査した上で審査を行い結果を出します。
給付の判定が行われ次第給付金が支給されるので、労災手続きのまさに最終段階です。
 
仮に労基署が労災ではないと判断しても、再調査の依頼をするチャンスがありますから、一度の審査で諦める必要はないです。
 

サモーナスポーツ整骨院の労災治療とは?

  • 怪我の具合を検査し、症状を見極めます

サモーナスポーツ整骨院では、患者様の状態に合わせた治療をするために、怪我の具合を検査して見極めます。
 
症状の状態が分からなければ、適切な治療部位や力加減も把握できないので、この検査を重要だと捉えています。
 
患者様との信頼関係を大切にしているので、早期の改善を焦ったり、無理な治療を始めることはありません。
 

  • ②検査後に治療計画を立てて、目安の治療期間をご提案します

検査で怪我の状態が詳しく把握できたら、次は治療計画を立てて、治療に要する期間の目安を伝えます。
 
目安の期間が分からないまま始める治療は、暗闇の中を進むようなもので不安になりがちです。
 
サモーナスポーツ整骨院は患者様の不安を取り除くために、治療方針や目安となる期間を明確にしています。
 
患者様との間で、怪我の具合や治療状況の情報を共有して行きますから、検査後も治療中も不安を感じることなく、最後まで安心しておまかせいただけます。
 

  • ③症状に合わせた治療プログラムで早期改善を目指します

症状に合わせた、最適な治療プログラムを提供することとで、早期の改善を目指した治療が始められます。
 
治療方法は一つではなく、その方の症状に合った方法を導き出すことで、最善の治療プログラムを提供できます。
 
症状に合致する治療を行うと、症状が緩和したり改善して、状態が早く良くなる結果に繋がります。
 

  • ④もし、これは労災かなと思ったらお気軽に当院へご相談ください。

業務中、もしくは勤務中に怪我をした場合は、労災と認められる可能性があります。
 
労災かどうか判断に迷うケースでも、サモーナスポーツ整骨院なら適切に対応できるので、労災を疑ったらご相談ください。
 
労災には申請期限がありますから、判断に迷って申請が遅れてしまうと、適用されるケースでも給付されなくなります。
 
サモーナスポーツ整骨院は労災に詳しく、治療技術や環境も整っているので、悩める方に安心のサポートが行えます。

  • サモーナスポーツ整骨院へのアクセス
 
フッター
  • 監修者情報
監修者阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師・整体師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。