サモーナスポーツ整骨院ヘッダー
江東区大島のサモーナスポーツ整骨院スマホヘッダー
江東区大島のサモーナ整骨院でも交通事故治療は受けられます

HOME | 交通事故治療 | 後遺症と後遺障害

後遺症と後遺障害、何が違う?

 
後遺症と後遺障害何が違う?

交通事故で怪我をしたときには、治療を受けても症状が残ってしまうことがあります。
 
それがいわゆる後遺症ですが、その中で治療をしても良くなることはないし悪くなることもないという症状固定の状態で働く能力が喪失してしまったときに、その程度を等級にわけて認定したものが後遺障害となります。
 
どちらも同じように思えますが、厳密には違いますから混同すると正しい損害賠償が行えないので注意が必要です。
 
後遺症というとしびれや痛み、めまい、関節などの可動域が狭くなるといったことがありますが、後遺障害はそれが仕事に影響があるときに保険会社からの慰謝料という形で補償をするのが認定の目的です。
 
ですから、後遺症が出ても後遺障害と認められないことはあるのです。
 

後遺障害の認定はどこで行うのか?

 
認定はどこで行うのか

では、認定は誰が行うのかというと、損害保険料率算出機構という組織の自賠責損害調査事務所というところです。
 
認定の流れとしては、交通事故が起きて被害者医療機関で治療を受けたあと、回復したけれどももうそれ以上は良くならない症状固定になったら、後遺障害診断書を主治医に作成してもらいます。
 
被害者から作成してもらった書類を保険会社に送ると、それが損害保険料率算出機構に回されて自賠責損害調査事務所による調査が行われます。
 
事故の状況や損害の額などを総合的に判断して等級の判断をします。
 
そして結果が保険会社に伝えられて、その等級に応じた損害賠償が実行されます。
 
認定された等級に異議があるときには、異議申し立てをすることで再び申請する事が可能です。
 

整骨院では診断はできませんが、治療は可能です

 
整骨院では交通事故の治療ができます

さて、診断書の作成では医師が作成するということになっていますが、交通事故のあと整骨院に通う人は多いです。
 
では整骨院のほうで診断書を作成できないのか、というと医療行為は行えないので診断をすることは不可能です。
 
ですから、診断書が必要であれば医師がいる整形外科まで足を運ばなければいけません。
 
もしも、診断書を作成してもらうと、症状固定をしてから整形外科に通っても経過を把握していないということで断られてしまうこともあります。
 
ですから、整骨院で楽になりたいと考えていても、やはり交通事故に遭ったときから定期的に整形外科へ診察や検査に通うことが大切です。
 
江東区大島にあるサモーナスポーツ整骨院では交通事故治療を行っています。
 
保険で損害賠償を受けるため、後遺障害の認定をスムーズに受けるためには何をすればよいのかという相談にも乗ることも可能です。
 
少しでもわからないことがあれば、当院へお気軽にご相談ください。

フッター