サモーナスポーツ整骨院ヘッダー
江東区大島のサモーナスポーツ整骨院スマホヘッダー
江東区大島のサモーナ整骨院でも交通事故治療は受けられます

HOME | 交通事故治療 | 交通事故に多い怪我

交通事故の怪我について

 
交通事故の怪我について

車に乗っていると交通事故に遭う確率は決して低くなく、それに伴って怪我もしてしまいます。
 
代表的なものはむちうちや打撲に骨折です。
 
その中でもむちうちや腰痛は症状が見た目では分かりにくく、さらに事故直後は興奮状態にあるため気付かないことが多いです。
 
そして
数日経ち悪化させてしまってからむちうちと判明することもあるため、交通事故に遭ったら痛みなどの自覚症状がなくともとりあえず病院へ行った方が良いです。

追突による怪我の種類

 
追突による怪我の種類

もしシートベルトを着用せずに車が壁に激突したり車同士で正面衝突すると、その勢いで身体が前に投げ出されます。
 
そうすると頭部がフロントガラスに衝突したり計器類に顔面がぶつかったりします。
 
そして脚がダッシュボードにぶつかり、これをダッシュボード損傷といいます。
 
この衝撃は非常に大きいため、股関節を脱臼したり、骨折する可能性が高いです。
 
これらの怪我を防ぐためには、しっかりとシートベルトを着用する必要があります。
 
また同様の衝突で、胸部をハンドルに強くぶつけるとハンドル損傷というものが起こります。
 
肋骨の骨折に始まり、心臓や肺に肝臓などいくつもの臓器が傷つく恐れがあるものです。
 
エアバッグが開発されてこの衝撃が緩和されやすくはなりましたが、シートベルトの着用が不十分であるなどすれば大きな怪我になる可能性は捨てきれません。
 
またシートベルトをしっかり装着していても、衝撃が強すぎるとシートベルト損傷というもので内蔵が傷ついたり、骨がずれてしまうことがあります。 

交通事故特有の怪我には病院や整骨院での治療を進めていきましょう

 
交通事故の怪我には病院や整骨院で治療を受けましょう

事故に遭ってしまって、全く怪我をせずに済むというのは非常にまれなことです。
 
交通事故で負った怪我の治療は、一般的な病院における外科や内科、整形外科での治療が主ですが、それだけでは全ての異常が治らないことがあります。
 
そんな時は整骨院の出番です。
江東区にあるサモーナスポーツ整骨院では、主に手技や電気を用いた治療がおこなわれます。
 
病院のMRIやレントゲンで異常が見つからなかったら、サモーナスポーツ整骨院へ相談することで治療できることがあります。
 
また交通事故に遭った後、適切な応急処置をしておくと改善が早くなることがあります。
 
もし、交通事故の怪我によって出血などをしている場合は、ハンカチなどで押さえ、心臓よりも高い位置に持って行くと止血しやすいです。
 
明らかな外傷が見られない場合は、むちうちのことを考えて安静にしておいてください。
特に首周りを無理に動かすのは危険です。
 
そして素人診断に留まらず、必ず専門家の指示に従った治療をしなければなりません。
 
交通事故治療ならサモーナスポーツ整骨院へおまかせください。
 
>>サモーナスポーツ整骨院の交通事故治療コンセプトはこちら

フッター