サモーナスポーツ整骨院ヘッダー
江東区大島のサモーナスポーツ整骨院スマホヘッダー
江東区大島のサモーナ整骨院でも交通事故治療は受けられます

HOME | 交通事故治療 | 慰謝料の種類

自賠責保険・任意保険の慰謝料

 
自賠責保険・任意保険の慰謝料

交通事故に遭って怪我を負ってしまった場合は人身事故の被害者となり、加害者に対して損害賠償金を請求できる権利が発生します。
 
この損害賠償金の内訳の中には怪我を治療するための治療費の実費も含まれますが、怪我が完治した場合は入院や通院を余儀なくされたことに対する精神的な苦痛を、お金に換算して支払われる入通院慰謝料も含まれているのです。
 
精神的な苦痛を、お金に換算するとなると対象となる物が抽象的なのである程度の基準が必要になります。
 

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準とは?

 
自賠責基準とは

この基準には自賠責基準と任意保険基準、弁護士基準があり、どの基準が採用されるかは、どのようなプロセスを経て損害賠償金の金額が決められるのかによって変わってくるのです。
 
どの基準が採用されるのかによって同じ程度の怪我の症状であっても金額が大幅に決められることがあるのが、慰謝料に色々な種類があると言われている所以となります。
 
損害賠償金が、あまりにも少ない金額になって被害者が手厚い保護を受けることができないという事態になるのを避けるために自賠責法という法律で慰謝料の最低金額という物が決められているのです。
 
これが自賠責基準となり入院期間や通院日数によって決められています。
 
1日あたりの金額は4,200円で、日数は入院期間と通院期間を加えたものか、入院期間に病院に実際に通院した日数を加えた日数×2のどちらか少ない方が採用されることになります。
 
任意保険基準は被害者が任意で加入している自動車保険会社の専任スタッフと加害者が任意で加入している自動車保管会社の専任スタッフが示談交渉をするときに使われます。
 
損害賠償金の金額が高くなってしまうと加害者が加入している自動車保険会社の損害が大きくなるので提示される金額は最低金額である自賠責基準とほとんど変わらない金額になっていることが少なくありません。
 
そのような状況が不満な場合は示談交渉の場に自動車保険会社の専任スタッフの代わりに弁護士を代理人に立てる方法がありますが、このときに採用されるのが弁護士基準です。
 
怪我の症状に見合った慰謝料の金額を受け取ることができる可能性が高まります。
 

事故の治療はサモーナスポーツ整骨院へ

 
事故の治療はサモーナスポーツ整骨院へ

人身事故で負った怪我は整形外科などで治療するのが一般的ですが、痛みの原因が判明せず痛み止めを処方され経過観察のまま痛みがなかなか緩和されないということが少なくありません。
 
そういった症状に悩みを抱えていて江東区にお住まいの場合は自賠責保険が適用されるサモーナスポーツ整骨院で治療することを、おすすめします。
 
痛みの原因を徹底的に調べて根本的な治療方法を提供いたします。

フッター